院長ブログ

インフルエンザと風邪治療はお任せ下さい!

当院のインフルエンザの検査は通常の100倍高感度というこうは前回お書きしました。今回は治療について書きます。

現在インフルエンザ治療薬としては、飲み薬が「タミフル」、吸入薬が「リレンザ」と「イナビル」、点滴薬として「ラピアクタ」があります。それぞれ色んな特徴があります。申し訳ありませんがその詳細は製薬会社への配慮などからここには書きません。

ただどの薬もインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬です。けっしてインフルエンザウイルスを殺す薬ではないのです。だから発症してから少しでも早く投与すれば非常に良く効きますし、時間が経てば経つほど効果はへるのです。発症後48時間以内ならいつでも同じように効くわけではありません。したがって少しでも早く投与したいわけですし、当院で用いている富士フイルム社製の高感度検査が非常に有用なのです。当たり前ですが、抗インフルエンザ薬はインフルエンザにしか効きません。風邪などには何の役にも立ちません。熱の方全員に「タミフル」を処方する医師がいるとかなり前に噂をきいたことかありますが、申し訳ありませんが「やぶ医者」といわざろうえません。

では、風邪とインフルエンザの両方にもすごく良く効く薬は無いのでしょうか?西洋薬にはありませんが、実は漢方薬にはあるんです。「麻黄湯」という漢方は風邪とインフルエンザの両方に保険適応があります。インフルエンザへの効果は「タミフル」と同等という報告すらあります。また、熱がある風邪の初期に投与するとかなり速やかに熱を含めた風邪症状が軽減することがしばしばあります。問題となるような副作用がとても少ないのも麻黄湯を使いやすい点です。検査ではインフルエンザという検査がでないで、多分風邪と診断した時などに麻黄湯を出しておくと、風邪が早く治る上に、万一インフルエンザを検査で見落としていてもタミフルに負けない効果がありますので安心です。また、インフルエンザと検査でわかっていれば抗インフルエンザ薬と麻黄湯は一緒に使うことができ、より効果的です。

このようにインフルエンザは発症1~2日目に正しく診断し抗インフルエンザ薬と麻黄湯を上手く使えば、風邪よりよほど早く楽になれる病気なのです。そのポイントは「高感度検査で早く正確に診断すること」と「漢方も積極的に併用すること」です。

ただ残念ながら受診が遅れたり、高感度検査で適切な診断を受けられないと、発熱やだるさが数日から10日続きます。また、その間に気道などの粘膜が大きなダメージを受けますので、後遺症として解熱した後も痰や咳がかなり長期間続くことがあります。こうしたことは、初期の治療が他院で行われた方に圧倒的に多い印象です。当院では、こうした点にも配慮し、あらかじめ気道のダメージを抑える薬も出しておくことがほとんどです。

以上のように、インフルエンザの検査や治療にはかなりのコツがあるのです。インフルエンザや風邪は耳鼻咽喉科が大変得意な病気です。是非お困りの際は「宮前平トレイン耳鼻咽喉科」を受診下さい!!!

mask_001c

 

 

記事一覧へ