院長ブログ

左腕負傷のためご迷惑をおかけしております

11月29日朝に、柱に左腕あたりをぶつけてひねってしまい、左肩・腕・脇腹にかなり強い痛みがあり、左腕が水平より上げられなくなってしまいました。そのため、11月29日以降かなり診療に制約がありご迷惑をおかけしております。

現在も痛みはかなりあり、左腕は水平までしか基本的には上がりません。脇腹の痛みも強く、からだが少しねじれると激痛が走り、ベットに横になるにもそっと動く必要があり、横になるのに30分以上かかる有様です。朝起き上がること、服を着替えることもかなり難儀です。幸い少しずつの改善はありますし、痛みをこらえれば動くし、痛みは骨ではなく筋肉領域のようですので、いわゆる「肉離れ」の状態だと思われます。受傷当日は左腕を動かすことはほとんどできませんでしたが、今日は支えがあればかなり上がるようにはなってきたので、数日かかればもっとよくなると推測はしています。

すみませんがしばらくは以下のような制約のもと診療いたしますので、どうかご理解願います。なるべく今治療中の患者さんの治療は頑張りますが、耳垢がある場合の診察、鼻出血の止血、のどにささってた魚骨の除去などが特に困難です。病状によっては他の耳鼻科の先生に診てもらうことも検討願います。

1 左腕の挙上に制限があるため、耳・鼻・のどの処置が十分できません。特に耳垢除去、鼻出血の止血、のどにささった魚の骨の除去などが困難です。
2 鼓膜カメラやファイバースコープの使用を行わないことがあります。
3 診察を嫌がり、大きく動くお子様の患部の観察・処置ができません。
5 いつもと比べ2/3くらいの人数しか見れません。
6 通常より早く当日ネット順番予約を終了いたします。

なお、右手と頭をつかっての診療はいつも通り可能ですので、処置がさして不要な場合などはほぼいつも通りの診療が可能です。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

記事一覧へ