宮前平トレイン耳鼻咽喉科|川崎市宮前区の耳鼻科|土曜診療 完全予約制

ドロップスクリーン

★★大事なお知らせ★★

当院は新型コロナ・インフルエンザ・溶連菌などの抗原検査、PCR検査設備を備えておりません。検査をご希望される方は、お手数ですが、他の医療機関をご受診ください。

宮前平トレイン耳鼻咽喉科の特長

当院からのお知らせ

お知らせ

new 本日2/24(土)の一般診療(完全ネット予約制)は大変混雑し、ネット予約は一杯になっています。

本日2/24(土)は混雑しネット予約はすでに一杯に埋まっています。完全ネット予約制です。すみませんが、予約なしでの診療には対応できません。

2/26(月)診療分以降のネット予約は診察前日の朝7時から受付いたします。
花粉症シーズンは平日も混雑が予想されますのでご留意ください。
ネット予約ページはhttps://train.mdja.jp/です。

キャンセルなどが出ているかは、お電話ではお答えしておりません。すみませんが、ご自身でネットからお調べ願います。

花粉症への処方は最大30日分としています。また当院では処方していない主な薬についてはこちらをクリックして確認ください。

【ステロイドを含むなどの強い目薬・眼軟膏】(眼圧上昇のリスクがあるため)
例:フルメトロン点眼液、オドメール点眼液、リンデロン点眼液、オルガドロン点眼液、プレドニン眼軟膏、ネオメドロールEE軟膏など

【副作用が出やすい飲み薬】
例:ディレグラ、セレスタミン(後発品も含む)
第1世代抗ヒスタミン薬のほぼ全て(薬剤名は多すぎて書き切れません)
(内服ステロイドを含む薬は重症の方に医師の判断で数日限定で処方することはあります。)

【血管収縮薬を含んだ点鼻薬】点鼻薬性鼻炎(点鼻薬によってかえって鼻が詰まる)の原因になるため
例:プリビナ、ナシビン、コールタイジン、トラマゾリン

【皮膚への塗り薬】
専門である皮膚科にご相談願います。

名前が違っていても、成分が同じであったり、類似薬は処方しません。また、上記以外にも当院で処方していない薬はあります。
花粉症以外でも急性疾患は5~14日分、慢性疾患は最大30日分の処方としております。

今シーズンの舌下免疫新規開始、レーザー鼻治療終了について

●舌下免疫(スギ・ダニ)の新規開始および鼻レーザー治療は2024年4月末まで休止します。

舌下免疫治療は効果が出るのに数か月かかります。スギ花粉の飛散期直前~飛散期に開始しますと症状は悪化します。今シーズンは早めの薬物治療(初期療法)で症状をしっかり抑えて、次の5月からの舌下免疫開始をお願いします。ダニのみの舌下免疫もすみませんが、5月以降に開始します。

花粉飛散期のレーザー治療は症状がかえって悪化するので行いません。5月~12月に行います。

必ず、健康保険証も併せてご持参ください。マイナカードは月1回ではなく、毎回顔認証付きカードリーダーで本人確認が必要です。

厚生労働省「マイナンバーカードの健康保険証利用について」

必ず公費負担医療証(乳幼児、母子、障がい者等)がある方は医療証原本を毎回持参ください。マイナンバーカードや健康保険証だけでは公費負担医療制度(乳幼児、母子、障がい者等)は使えません。

当院では新型コロナワクチン接種は行っていません

当院での新型コロナワクチン接種は令和5年3月ですべて終了しました。「令和5年春開始接種」「令和5年秋開始接種」は実施いたしません。

鼻・のどへのネブライザー(吸入)は当院では行っていません

鼻・のどへのネブライザー(吸入)は新型コロナ流行の影響で廃止しました。

喘息へのステロイド等の吸入薬の処方、鼻処置、咽頭へのルゴール塗布、ファイバースコープ検査は必要ある症例には行っています。

18歳未満の方の診察には必ず保護者が同伴下さい。

18歳未満の方が受診の場合本人のみでは受診せず、必ず保護者が同伴下さい。たとえ中学生や高校生でも、病状の説明を十分理解したり治療法を選択いただくのは通常困難です。治療にあたっては副作用や予後の説明、時に手術や入院の是非など様々な内容を理解・判断いただく必要があるからです。

緊急事態宣言発令中などは「継続通院中の方に限り保護者のみの来院でも処方」した場合がありましたが、現在は本人・保護者双方での来院を原則としております。

オンライン資格確認について

◇ オンライン資格確認を行う体制を有しています。
◇ 薬剤情報・健診結果などの情報を取得・活用して診療を行います。

4月1日から、「医療情報・システム基盤整備体制充実加算」が上乗せされます。
初診の方は、
保険証での受診では 6点、マイナンバーカードでの受診(薬剤情報・健診結果の取得に同意をした場合)では 2点の加算となります。
再診の方は、
保険証での受診では 2点の加算、マイナンバーカードでの受診(薬剤情報・健診結果の取得に同意をした場合)は加算の対象外となります。
マイナンバーカードの利用で診療情報を取得・活用することにより、質の高い医療の提供に努めています。正確な情報を取得・活用するため、マイナ保険証の利用にご協力お願い致します。

注)
●各種医療証(公費負担医療受給者証・乳幼児医療費証・介護保険証・特定疾病療養受療証 等)の確認はマイナンバーカードでは行うことができないため、原本をご持参ください。
●回線やシステム障害にてマイナンバーカードが使えない場合がありえるので、念のため健康保険証原本もお持ちください。
●マイナナンバーカードを利用しても、薬剤情報・健診結果の取得に非同意の場合は加算額は保険証での受診の方と同じになります。(診察後の同意非同意の変更はお受けいたしかねます。)

一般名処方について

当院では、後発医薬品の使用促進を図るとともに、医薬品の安定供給に向けた取り組みなどを実施しています。現在、一部の医薬品について十分な供給が難しい状況が続いています。当院では、後発医薬品のある医薬品について、特定の医薬品名を指定するのではなく、薬剤の成分をもとにした一般名処方(一般的な名称により処方箋を発行すること※)を行う場合があります。一般名処方によって特定の医薬品の供給が不足した場合であっても、患者さんに必要な医薬品が提供しやすくなります。

※一般名処方とは
お薬の「商品名」ではなく、「有効成分」を処方せんに記載することです。そうすることで供給不足のお薬であっても有効成分が同じ複数のお薬が選択でき、患者様に必要なお薬が提供しやすくなります。

院長ブログ

診療カレンダー

2月
29303101020304
05060708091011
12131415161718
19202122232425
26272829010203
3月
26272829010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

クリニックの紹介動画

予約について(初診・再診)

平日・土曜 完全ネット予約制です。

※初診の方も必ずネット予約して下さい。

【ネット時間予約の受付時間】

※前日朝7時からネット予約できます。

≫ネット予約はこちらから

※未成年者の受診には保護者が同伴ください(特に18歳未満)。たとえ中学生や高校生でも、病状の説明を十分理解したり治療法を選択いただくのは通常困難です。治療にあたっては副作用や予後の説明など様々な内容を理解・判断いただく必要があるからです。